旅行

永平寺に行ってきた

ここ数日福井旅行の事について書きまくっとるわけですが、何故旅行先に福井を選んだかと言いますと曹洞宗の大本山永平寺に行きたかったからでして。

1年ほど前から瞑想を続けていまして、永平寺は禅の修行の総本山なので一度どんな場所なのか訪れなければなあと思っておりました。

あとは単純に大きい寺って景観が美しいので寺巡り好きなんですよね。

永平寺

 

永平寺の隣には派出所が、渋すぎ。

なぜ見切れているかと言うとこの下に観光客のおじさまがたくさんいるからです。

兎に角この一帯の空気がうまい。花粉症じゃなければもっと最高だったはず。

入り口

仏像が二体ほど並んでおったんですが、ゴリゴリのゲーム脳なので「あっ、これ二体同時にエンカウントして両方倒さないといかんやつや」とか考えてました。

受付で500円払って中へ、建物の中に入ると雲水と呼ばれる修行中のお坊さんがお寺の中を簡単に説明してくれました。時間が合えば禅の修行体験もしているそうで、やりたかったんですがタイミングが合わず断念。

修行中の雲水達を撮影しなければ基本撮影自由だそうで、ありがたい。

最近ブログ用に写真を撮っていて現像するときに毎回反省するんですが、説明がしやすいようにもっと色んな角度から写真を撮らんといかんなあと、次回から気をつけますうっす。

階段を上がってまず目につくのがこの天井絵の間、圧巻。

ゴミ箱の名前が当て字で護美箱になっていてめっちゃクールやん….ってなりました。

この建物が縦に三棟ほど並んでいるんですが、これが全て小さな庭と階段でつながっていて雲水達が永平寺に入門する時のみ正門から通れる神聖な場所だそうで。

観光客が入る入り口は、本来の入り口ではなく脇から入っとるわけですな。

クソ長い階段。

このだだっ広い建物のどこを見てもチリ一つ落ちてなかったので雲水達が毎日掃除をしてるんでしょうねえ。

庭がどこを見ても美しい。

神社仏閣って中がシンメトリーが基本なのか、整然としていてほんと最高…ってなります。

全国から集まった位牌を祀る場所。

「あっこの奥ラスボス戦だ…」ってなりましたすいません。

一時間ほど回って終了。

出口に売店があるんですがレジがゴリゴリに最新機種でApple PayからPayPayまでなんでも対応。

折角なのでApple Payで支払いました。レジと袈裟とのミスマッチ具合にふふってなりました。

 

売店では座蒲を購入、amazonで買おうと思っていたのでちょうどよかった。

家での瞑想に使っております。

 

自然と建物が本当に美しくて無限にいられる空間でした、神社仏閣は建築美が素晴らしい。

過酷な修行をする雲水達はそんなこと言ってらんないと思うんですが、この庭見ながら瞑想したらさぞかし気持ち良いんだろうなあ。

雲水なのかは分からないんですが、若いお坊さんがレザーのバック片手に他のお坊さんと「マジッすかw」みたいな会話をしていてなんか安心しました、修行中とはいえまだ10代後半~20代前半そこそことかだもんね、はしゃぎたくもなるよね。

 

USJに来たJKばりにはしゃいでおりました、今まで訪れた神社仏閣の中でもトップレベルに美しい場所でした、ここはまた再訪したい場所の一つです。

 

場所:〒910-1228 福井県吉田郡永平寺町志比5−15