音楽

美しき野獣「Age factory」

YOUTUBEやTwitterを巡ってバンドの情報収集をしていると

あ、このバンド売れるわ。

っていう瞬間がある、MVにしろTwitterの拡散のされ方にしろ独特の空気感があるというか。

例えばクリープハイプが出て来たときもそうで

まだ彼らがインディーズの頃かな「待ちくたびれて朝が来る」ってアルバムが出た時、今はもう閉鎖してしまった路地裏音楽戦争っていう音楽まとめサイトのトップに一曲目の「あの嫌いのうた」が視聴できるバナーがあったんすよ、それをクリックした時の衝撃といったらないね。

そのアルバムから勢いを増して次作ではメジャーデビュー、そこからの活躍っぷりは言うまでもない。

 

最近のバンドだったら、飛ぶ鳥を落とす勢いのKing Gnu

 

 

この曲でバズって、今では最注目のバンドのひとつだ。

 

上記で挙げた通り売れるバンドってターニングポイントとなる楽曲、アルバムが絶対にあって、そこから急激に動員、セールスが伸びていくっていうのが今の時代の常なのかなと。

 

今その空気感をひしひしと感じるのがAge Factoryだ。

 

「GOLD」という傑作。

 

 

はい売れる。

 

ていうか彼らが売れなきゃおかしい。

 

前作、前々作のアルバムの

 

「LOVE」

 

 

「RIVER」

 

もめちゃくちゃ良いアルバムだったんだけど、アルバム全体の流れで聴くと、まだ今ひとつインディーズ感が抜けてないドープさがあって(それが良さなんだけど)ライトな音楽層には届きづらい音源だったなと。

 

それが今回の「GOLD」では彼らが魅力であるエモさとハードコアな爆発力をしっかり失わずにポップセンスを織り交ぜて、非常に聴きやすいアルバムになっている、

 

何回でも言うけど

 

Age Factoryが売れなきゃおかしいって!!

 

美しき野獣。

 

Age Factoryはスリーピースバンドなんだけど、スケール感がスタジアム級

向いてる目線がこんな島国ごときで終わらねえぞって野心と反骨心で満ちてる。

昨今のギターボーカルの中では群を抜いて低音ボイスなんだけど、それがまた楽曲への説得力になっている。

Age Factoryを語る上で欠かせない「エモ」「ハードコア」という両極端な音楽性を併せ持った彼等を敢えて一言で形容するならば「美しき野獣」って言葉が一番しっくり来るんではないかと。

 

消費されない芸術を。

 

彼らの作る音楽はハッキリ言って時代と逆行している音楽だと思う、

流行りでは無いし、リスナーに対して一切の媚びが無い。

どれだけSNSでバズろうとも、一年経てば忘れ去られる音楽9割を占める昨今の音楽業界でこれだけ純度の高い芸術を作って、尚且つ第一線で着実にセールスを伸ばしている彼らに賛辞を贈りたい。

 

オルタナエモハードコアのバックボーンを持ちながら、しっかり世間に売れていけるのはAge Factoryしかいない。

願わくば彼らが売れることで、こういった素晴らしいジャンルの後進が出て来ることを願っています。

 

ちなみに私はこの「GOLD」の最後に収録されている「TONBO」という曲で嗚咽漏らすほど泣いた、この季節にこの曲は卑怯だぜエイジファクトリーよぉ…..

 

そんな感じでAge Factoryの傑作「GOLD」買って損はないアルバムです。

 

今日はこのへんで、それでは。